胃腸薬の種類を把握しよう

排卵期の腹痛に胃腸薬は有効?

 排卵期ではさまざまな体の変調が現われる事があります。これは排卵期によってホルモンバランスが乱れる事によって生じます。主な症状としては排卵痛が挙げられます。排卵痛は主に排卵の時に卵胞を破る痛みと黄体ホルモンによる卵巣の腫れが原因で痛みを生じます。排卵期に生じる症状としては他にも頭痛や吐き気、腰痛、腹痛、眠気、気持ち悪さ、ニキビなどさまざまな症状が現われます。女性ホルモンが急激に変化する事によって内部環境に影響を及ぼし腹痛の症状が現われます。排卵期では副交感神経が弱くなっている状態なので胃の全動が少なく胃駅の分泌が少なくなっている状態なので下腹部痛や胃痛、胃もたれ等の症状が現われます。
 排卵時の時の腹痛かどうかをチェックするためには基礎体温を付けながら症状が出る時期を記録する事が大切です。毎月体温が低温期から高温期に移行するあたりで痛みの症状が出る場合は明らかに排卵の際の痛みだと診断されます。排卵時の痛みに腹痛があると胃腸薬を飲んでしまう場合があります。しかし原因は排卵によるものなので、薬を服用するなら胃腸薬ではなく産婦人科で低用量のピルを処方してもらい治療を受ける事になります。ただし低用量のピルを飲む場合は妊娠を希望している人には向かない等の制限があるため、医師と相談しながら行う事になります。
 胃腸薬などの薬を使わないで排卵時の痛みを軽減させるには身体を温めて血行を良くすることで緩和する事ができます、しょうが湯で身体を温めたりストレッチや軽い運動をして身体の血行を良くする事もおすすめです。また、肉類や乳製品などの動物性たんぱく質を取り過ぎると痛みがます傾向にあるので痛みがひどい女性はできるだけ動物性たんぱく質を避ける効果が期待できます。