胃腸薬の種類を把握しよう

胃が痛い症状が出た時に飲む胃腸薬の種類

 胃腸薬といっても症状によって飲む種類が変わってきます。胃の変調には食べ過ぎ飲み過ぎによるものや突然の胃痛などさまざまです。そのため、胃腸薬には種類が多数あり症状によって飲み分ける必要があるのです。さらに、胃が痛いという症状が出た場合、原因もさまざまです。そのため、胃が痛みだしても原因によって胃腸薬を飲み分けることが必要となります。
 胃が荒れて胃痛の症状が出た場合は粘膜修復・制酸剤を飲む必要があります。粘膜修復材は損傷した胃粘膜を修復し、胃の血流を増加させる事によって胃粘膜の再生能力を高めることができます。胃酸が出過ぎた場合胃痛が現われる事があります。この時服用するのが制酸剤です。制酸剤は出過ぎた胃酸を中和する作用があり胃内のpHを調節する事ができます。
 胃が差し込むような痛みの場合は鎮痛鎮痙剤を服用します。胃の働きは副交感神経が関係しています。鎮痛鎮痙剤は胃の活動を支配している副交感神経を遮断する働きがあり胃の緊張や収縮を抑えてくれます。そのため、過剰な胃酸の分泌や胃の緊張による胃の痛みを抑えることができるようになります。鎮痛鎮痙剤は効力が強い胃腸薬になるので多量の服用は体に悪影響を与えるので注意が必要となります。
 胃酸の出過ぎで胃が痛い時は酸分泌抑制の胃腸薬を飲む必要があります。酸分泌抑制剤は胃粘膜の壁細胞に存在するH2受容体という胃酸分泌を調整している細胞に直接作用し過剰な胃酸分泌を抑制させる働きがあります。そのため、胃酸の出過ぎによる胃の痛みに効果があります。
 総合胃腸薬はさまざまな成分が配合されています。そのため、購入する際は主成分や成分比率を良く確認して胃痛の症状に効果があるのか確かめる必要があります。