胃腸薬の種類を把握しよう

胃腸薬や漢方薬でむくみがでる理由は?

胃腸薬を飲んだことで、なぜむくみが生じる場合があるのでしょうか。その原因は、胃腸薬の中のグリチルリチンという成分にあります。グリチルリチンは炎症や解毒に効果を発揮するので、胃腸薬に配合されていることが多いのですが、これは副腎で作られるアルドステロンというホルモンとよく似ています。副腎で作られるホルモンは、体内のナトリウムが過剰になると、体の中の水分を増やしてナトリウムの濃度を下げようとします。これがむくみの正体です。同じようなことが、グリチルリチンを含んだ胃腸薬を摂取するとおこることがあり、むくみにつながるのです。特に長期間グリチルリチンを含んだ胃腸薬を飲んでいる、アルドステロン症というむくみが生じる状態になりやすいのです。グリチルリチンは、胃腸薬のほか、肝臓の薬や風邪薬にも配合されています。特に心臓の悪い人は水分摂取を制限されている人も多く、むくみを生じやすいのです。そのため薬を服用するときは注意が必要です。
胃腸薬だけではなく、比較的穏やかとされている漢方薬でも同様の症状がでることがあります。漢方薬の甘草の根っこは、グリチルリチンが主な成分です。そのため、漢方薬をのんでむくみが生じることがあります。風邪薬の葛根湯には甘草が配合されているので注意が必要です。また漢方薬には苦いものが多いのですが、甘草は砂糖の50倍ともいわれる強い甘さのために、多くの漢方薬に配合されています。そのために、漢方薬でむくみが生じることは十分ありえることです。
このように、薬を飲んでむくみが生じた場合には、医師に相談することが大事です。医師の指示により、一度服用をやめて様子を見た方がよいで場合があります。