胃腸薬の種類を把握しよう

胃酸過多による胸焼けには食前の胃腸薬の服用が良い

人間の消化器の一つに胃があります。
胃は食物を摂取すると第一の消化器官である食道を通過し、第二に通過する消化器官で、ここでは食べ物を消化液の分泌により解かし、十二指腸から小腸、大腸という順序で吸収、その後老廃物として排泄に回ります。
このことから食べたものが胃で消化液にて解け、スムーズな吸収を行なうために、消化液の分泌がとても重要となります。
消化液は、人間の唾液や腸内で分泌される腸液、胆汁や膵液などもすべて消化液ですが、ここで言う消化液は胃液のことです。
胃液は成人で、一日に2リットル分泌されると言われ、食物が胃に運び込まれると多く胃液を分泌し、食物を液状化させます。
胃液に含まれる胃酸は強力な殺菌効果や溶解効果がありますので、胃酸過多となると胸焼け、胃の痛みなどの症状が出ます。
胃酸過多により逆流性食道炎となることもあります。
通常は、胃粘膜により、バリアされているのですが、胃酸過多となると胃内の胃酸の割合が高くなり、胃や食道に炎症をもたらせます。
胃液は、粘膜なしで直接胃に付着すれば、胃を溶かしてしまうほど強力で、粘膜と胃酸のバランスが保たれているからこそ健康的な消化が成されるのです。
胃酸過多による胃もたれ・胸焼け・胃痛の原因として、ストレスが挙げられます。
精神的なストレス、食事摂取や飲酒等による胃に直接伝わるストレスなど様々なストレスです。
胃痛となった時は、早めに胃腸薬を飲むことが良いでしょう。
胃腸薬は食後ではなく食前に飲むのが効果が高いです。
胃腸薬には制酸薬として出過ぎる胃酸を抑制する効果があり、また、消化薬として消化を進め吸収を助けるものなどがあります。
これらをは食後ではなく食前に飲むことが効果が高いです。
風邪などで医師から薬が出されている場合、胃腸薬も出されることがありますが、この場合、食前に胃腸薬を飲むのを中止し、医師の指示に従いましょう。